2013年10月15日

学生のインタビューのビデオ撮り!

今日は、共同研究させていただいている奈良養護学校さんで、卒業研究の一環としてインタビュー調査を行わせていただく、喜多智大君のアシスタント業務わーい(嬉しい顔)

共同研究ということもあり、このインタビューの成果を来年度以降も使わせていただきたいので随行しましたが、あくまで「アシスタント」

「今日は、一切口出さないからねー」
という約束で、喜多くんはかなり緊張しながらも1時間弱、3人の先生方にいろいろ質問させていただいていました。
当方は、カメラマンに徹しました。
こういうシチュエーションって確か大学時代もやってたよなーと思いつつ…目

さて、もう1年以上、奈良養護学校に通わせていただいている喜多君ですので、先生方とのラポールもしっかりできています。
インタビュー前にはお茶喫茶店とお菓子まで出していただいて…、ホント、ありがとうございますぴかぴか(新しい)

そういう状況を作り出したのは私じゃなくって、喜多君自身だからね。
それは自信を持っていいんだよるんるん

あとインタビューは2回。
きちんと先生方のご意見を伺い、それを教材に反映させ、子どもたちに喜んでもらえるようにがんばろうグッド(上向き矢印)

2013101402.jpg


写真は、終わったあとのラーメン屋さんでの一杯。
あれ?つい先日も同じようなことを書いた記憶が…わーい(嬉しい顔)

posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

10周年記念シンポジウムに向けて…柿ソフトクリームとともに…

20130603.JPG

弊学10周年記念シンポジウムのシンポジストを拝命して、研究にも力が入ります手(チョキ)

卒業生でもある、I小学校のK先生の授業を、ゼミ4回生のI君とYさんと見学させていただいています。
電子黒板だけでなく、普通教室でプロジェクタとスクリーンも併用した、「いわゆる普通」の授業です。

「いわゆる普通」の中で、どのように工夫していくかが、教師の力量なのではないかと。
弊学2期生ですから、まだまだ教職に就いて3年目。
周りの先生方に支援していただきつつ、さまざまな実践にチャレンジしているK先生。

そのような実態をお話できれば…と今日もビデオカメラ片手にお伺いしました。
授業の写真はシンポジウムの時までのお楽しみ。

小学校の帰りに寄った、奈良の有名なお寺の前にある、とある飲食店で頂いた「柿ソフトクリーム」
ほのかにオレンジ色、もとい柿色で美味しかったですわーい(嬉しい顔)

posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

毎月楽しみにしていた「科学」の付録!

20130322-2.jpg

打ち合わせがあり、(株)学研さんの本社へ。

打ち合わせ終了後の雑談で
「昔、『科学』をとってもらってて、付録が楽しみだったんですよ〜」
と話をしたら、社内に飾ってますよ、とのこと。
…というわけで、案内していただきました。
(写真掲載とネットへのアップの許可はいただいています)

しばらく、
「懐かしー目
「あ、これ持ってた。歳ばれるけど…あせあせ(飛び散る汗)
と、はしゃぎながら見ていましたわーい(嬉しい顔)

やっぱり、こうしたニーズがあるんですね。調べたらこんなサイトも作っておられました。
「科学総合研究所〜GAKKEN Chronicle」

こういうの見ていると、「大人の科学」シリーズがほしくなりますよねグッド(上向き矢印)

posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

教育システム情報学会研究会に、フィールド先の先生方と学生とで発表&質疑してきました!

20130316.jpg

今年度の奈良県立奈良養護学校での取り組みの締めくくりとして、教育システム情報学会研究会@山口大学で、今までの流れを発表しました。

質疑応答の時間では、多くの方からご質問いただき、実際に教えておられる奈良養護学校の澤井先生からお答えいただきました。
また、コンテンツを制作した喜多智大君(3回生)も、私が目線を送ると自ら立ち上がり、他大学からの先生の質問に堂々と答えるさまは立派なものでした。成長したね〜わーい(嬉しい顔)
私は壇上にいたので、写真がなくて残念です…あせあせ(飛び散る汗)

他にも、特別支援用のコンテンツや教育システムの開発の発表がありましたが、実際に使っておられる学校の先生はいらっしゃっておられず、私たちのように一丸となって開発する取り組みの大切さをあらためて認識した次第です。

これで一区切りではありますが、また来年に向けて、頑張らねばひらめき

posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

教員採用試験対策講座×2コマ

ようやく慣れてきました、教員採用試験対策講座。
大学の授業と言うより、塾か予備校のような感じで…。

「確信を持てないときは、選択肢の分析から!」
みたいなことをしゃべり続けました。
教員採用試験の選択肢が素直で助かります目
予備校経験者は、うんうん、とうなづいていましたねわーい(嬉しい顔)
あ、もちろん問題の解説も行いましたが手(チョキ)

各大学ともどのような対策講座をなさっているのでしょうか?
企業秘密、かな?あせあせ(飛び散る汗)

posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

奈良県立奈良養護学校公開研究会に学生と参加させていただきました!

2013022302.jpg

そろそろ今年度も〆に入ります。
昨年度末から一緒に研究させていただいている「奈良県立奈良養護学校」さんの公開研究会に、フィールドとして関わらせていただいている喜多智大君(3回生)と参加させていただきました!

すべての学級で公開授業が行われており、いつもお世話になっているS先生のクラスや、タブレットPCを使っていただいているT先生の授業を拝見させていただきました。
2013022304.jpg
(写真は後日いただいたものです)


そのほか、全体会会場では、学校オリジナルのさまざまな教材や教具が展示されており、喜多君も興味津々で体験していました。
2013022303.jpg
 
2013022301.jpg


全国から200名の先生方がいらっしゃっておられました。
全体会の質疑で、沖縄の先生から
「ディジタルコンテンツはどのように作成されているのですか?」
という質問があがり、ご担当のT先生が
「畿央大学の先生と学生さんに作っていただいています。ちょうど横におられます!」とご紹介いただきました。

その後、その沖縄の先生と名刺交換、喜多君とも歓談させていただき、
「貴重な取り組みだ。沖縄でもやりたい」
と言っていただいたのは、私たちにとって大変ありがたいお言葉でした。
来年度も研究室を挙げて取り組みたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いたします。

なお、奈良養護学校からの公式発表は以下の通りです。
「奈良養護学校公開研究発表会(お礼)」

posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

初めての、模擬授業(の導入)

「教育方法・技術論(中等)」の授業では、いろいろな学生がいます。
まず、受講生の取得予定教科等は、「情報」「英語」「養護教諭」「栄養教諭」というわけで、教科に密着した話はできず…
次に、小学校の免許も取得する学生は「教育方法・技術論(初等)」(担当は当方)を取得済。でも、中高の「英語」のみ、「栄養教諭のみ」という学生は、(初等)は受けずに、(中等)のみ。

…というわけで、授業の設定が少々難しかったです…あせあせ(飛び散る汗)
結果、協調学習、情報化への対応などをメインにしましたが…もうやだ〜(悲しい顔)
来年も担当なので、内容もレベルも改善したいと思います。

さて、後半はいつもの通り模擬授業。
2回生メインなので、初めて一人で人前でしゃべるとのことで、緊張したり、緊張しすぎて固まったり、薄笑いをしてしまったり…ふらふら
これから、こういう機会は増えるから、1回1回大切に準備して、他者からの評価をしっかりとりいれながら、来年度の実習にむけて頑張ってくださいね。

20130207-2.jpg

写真は、そのなかでも落ち着いて、電子黒板をつかって模擬授業(の導入)をした、2回生の前垣侑子さん。
養護教諭希望で、手のどの部分が汚れやすいかを、児童役の学生に丸をつけてもらいながら、説明していました。
学校によりけりですが、養護教諭の先生も保健室にいるばかりでなく、各教室で担任の先生との合同で授業をすることが増えると思います。
そのときに教室にある電子黒板を使って、視覚的に説明できるといいねひらめき

posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

相互評価シートは宝の山!

20130128.JPG


発表、プレゼン、相互評価などをするときは、必ず「相互評価」をするようにしています。
携帯電話で入力できるようにしたり、自前のSNSを用意したりすることもあるのですが、多くの場合、やはり紙が簡便ですね(書く側には)。

ただ、1回の授業で5班模擬授業するとして、それが4回分となると20班分。
そもそも、20班にも分けないといけないということは、1クラスに100人ぐらいいるわけで…。
…というわけで、紙の相互評価シートを、班ごとに切り分け、まとめ直すのも相当な時間がかかるわけなんですよね…。された方はお分かりいただけるかと思いますが。

毎年、ゼミ生に手伝ってもらっています。
今年も3回生の喜多智大君に手伝ってもらいました。ありがとうわーい(嬉しい顔)

100人ともなると、同じように伝えたつもりでも伝わっていなかったり、人によって評価が違ったり、と、読み込むとかなり自分自身のためになるはず。
これが「宝の山」に見えたら、もっと学生自身が成長すると思いますexclamation

学生によっては、大事に保存したり、文字入力してデジタル化したり、いろいろ工夫して、「宝の山」を見直しているようですグッド(上向き矢印)

posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

大学院生を対象に、教育学部学生が模擬授業を!

東谷大学院2.jpg


健康科学研究科の大学院生の多くは、昼間に職業を持っておられます。
よって、授業は平日18時以降か土曜日、もしくはeラーニングで受講するか、ということになります。

当方は「教育方法技術論特講」というタイトルで、教育観や教育環境の変化、ソーシャルメディアの教育利用などを講義しています。また、最後には、大学院生にも模擬授業をしてもらっています。

さて、今日は、この授業のSAとして入ってくれている東谷俊之君(教育学部3回生)が、模擬授業をしてくれることになりました。もちろん、対象は大学院生!
もちろん、社会人だけあって、考え方も見方も、よい意味でシビアでした。
その中で、東谷君も、教育実習を1か月体験しただけあって、身振り手振り、表情を交えて、熱い授業でしたわーい(嬉しい顔)

日頃、模擬授業は多用していますが、どうしても学生同士で慣れ合いが起こってしまうのも事実。
このように、考え方、経験などのまったく違う人を対象にするのはよい経験になったのではないでしょうか。
私も、初めて、大学の夜間部で授業をしたときや、地域の方に公開授業したときなどを思い出しました。

お疲れさまでした!
この後は大学近くの、東谷君お勧めのお店で一献しましたビール

posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

畿央大学現代教育研究所・開所記念シンポジウムが開催されました

畿央大学では「特に都市部で顕著な現職教員の大量退職に及び新任教員の大量採用に伴う教員研修の充実、現職教員の職務内容の多様化とそれにともなう多忙化等の今日的課題に応える、教師としての資質能力育成及びその支援」を目的とし、「現代教育研究所」を設立いたしました。
オフィシャルなアナウンスは、畿央大学現代教育研究所Webサイトをご覧ください。

今日は、その開所記念シンポジウムが行われました。
当方も研究所所員ですので、シンポジウム立案から関わっており、記念講演には、前の勤務先でご一緒いただいていた小野田正利先生に来ていただくこととなりました。

パワフルで、涙あり、笑いありのあっという間の講演でした。
90分の授業より長いはずなのに、教師の卵である学生たちが目を輝かせて、身を乗り出して聴いていました目

さて、本来であればこの日、北海道まで移動する予定だったのですが、このスケジュールではどうにも動けず…
羽田→新千歳は朝早くから飛んでることに気づき、この日は最終便で関空→羽田飛行機

結果として、この移動で正解でした。
なんと、この日の新千歳空港は大雪雪のため、ほぼ終日欠航だったのです…バッド(下向き矢印)

posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

LINEふるふる〜コピー機からSNSへ〜

20121202-2.jpg

非常勤先OK大学での一こま。
この5人は、もともと知り合いではなく、当方の授業でたまたまグループになりました。
そこで4週かけてグループワークする中で、きっと「情報共有、どうする?」という話になったのでしょう。
携帯を「ふるふる」(シェイク)して、LINEに友達登録していましたわーい(嬉しい顔)

大学で授業支援システムも(きっと)あるのでしょうが、非常勤にはよくわからず。
学生からもニーズがないということは…なんでしょうねふらふら
それより、学生たちがこうして必要に応じて、今あるものを利用する方がきっと有効なのでしょうグッド(上向き矢印)

ちなみに、各大学でこうしたグループワークをしていますが、情報共有手段として、LINEを見たのは今年が初めて。
昨年は携帯のメールアドレスの交換をしていたように思います。
その前は、こちらでSNSを用意したこともありました。
フリーのMailing Listを作った学生もいました。

その前は、学内のタダコピで紙をコピーさせていました。
その前は、なんと、簡易のコピー機を教室に運んでいましたダッシュ(走り出すさま)

こういう状況を逐一写真に撮っておけばよかった。
でも、この「ふるふる」もあと5年もすれば、「やった、やった、はやってたよねー」という話になるのでしょうが…バッド(下向き矢印)

posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

「大学教育改革地域フォーラム2012 in 奈良」に参加しました

「大学教育の質的転換を図るために必要な課題や具体的な取組について、教員や学生など様々な立場から話し合う」ために、全国各地で開催されている「大学教育改革地域フォーラム」
 奈良県で開催されるにともない、弊学の学生(藤本さん・3回生)もお話しさせていただくことになり、教育学部をあげて応援に行くことになりましたexclamation

 藤本さんは、この4月の1年生の宿泊研修において、上回生として学生リーダーのとりまとめもしてくれていたので、安心して話を聞くことができましたグッド(上向き矢印)
 大学での学びの楽しさについて、「理論と実践が近いこと、少人数制で教員と学生との距離が近いこと、学生自身が大学を作り上げていること」などを堂々と発表していましたわーい(嬉しい顔)

 詳しくは、弊学のサイトをご覧ください。
「奈良県大学連合「大学教育改革地域フォーラム2012 in 奈良」に参加しました。」

posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

奈良県立奈良養護学校の学習発表会を参観させていただきました!

特別支援用のディジタルコンテンツのお話をいただき、1年ちょっと。
学生がコンテンツを作ったり、授業を見学させていただいたり、先生方の前でお話ししたり、そして、先生方も教材を作ったりとここまでやってきました。
11月になってからは、3回生の喜多智大君だけで学校にお邪魔させていただき、授業を参観したり、先生方と打ち合わせをしたり、ちょっとしたお手伝いをさせていただいたりと、軌道に乗ってきました。

そんな喜多君から「奈良養護学校の学習発表会がありますよ〜」と聞き、さっそく二人で伺いました!

音楽あり、劇あり、調べ学習の成果の発表あり、と盛りだくさんな内容で、あっという間の2時間でした。また、保護者の皆様方も多数ご来校され、みんなの発表を見よう!聞こう!と熱心に参観されていたのが大変印象的でした。

また、来年もお伺いしたいな〜グッド(上向き矢印)

posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

滋賀大学附属中学校の教育研究発表協議会に、学生とともに…

私自身も学生の時に、教授や先輩方にあちこちの学校の公開研究会に連れて行っていただきました。
たくさんの授業を見て、分科会で話を聞いて、そして美味しいものをたべて…わーい(嬉しい顔)
その繰り返しが、今の私の基礎になっていると常々思っているわけで。

今回、うん十年前にその教授や先輩方と行った滋賀大学付属中学校の教育研究発表協議会の案内をいただき、またそれが情報関連と聞いたので、少々無理をしながらですが、学生と出かけてきましたわーい(嬉しい顔)

とはいえ、私自身もそうそう授業を休めず、学生も休むと「欠席」になってしまうので、午前中の公開授業を2本のみでした…もうやだ〜(悲しい顔)

現在、中学校の情報教育は「技術・家庭科」の一領域として行われていますが、独立教科として考えた場合の公開授業でしたひらめき
教科書の試作もカリキュラム案もあり、高校「情報」の免許を取る学生にとても大変勉強になったようですexclamation

あ、美味しいものですか?
食べてきましたよわーい(嬉しい顔)
お、う、み、ぎゅ、う〜レストラン

20121102.JPG


posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

大学院eラーニング授業が始まりました!

9月いっぱい教育実習のある教育学部より一足早く、3月の国家試験に余力を残すために9月中旬から始まる健康科学部と連動して、健康科学研究科の授業が始まりました。

大学院は社会人をメインターゲットとしているので、授業は6・7限と土曜日。
今年は金曜日の6限になりました。

受講生は3名。
今年はfacebookのアカウントを取得してもらい、授業時間以外にもコミュニケーションをとることにしました。
また、健康科学部の教員も、また職員もかなりfacebookでつながりができていて、ぜひそのような輪に入ってほしいな、とー(長音記号2)

毎年、毎週簡単な宿題を出していて、今まではメールで提出だったのですが、今回はfacebookのメッセージにしました。
だいぶん動きが早くなるかな。
今日もすでにオンラインで提出→返信がすみましたぴかぴか(新しい)

受講生が少ないからこそ、身軽にいろいろできそうですグッド(上向き矢印)

posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

教育実習訪問も無事終了!

小学校教育実習訪問6校が無事終了しました。
OHPシートを上からかぶせる掲示物を作ったMさん、電子黒板を駆使したI君、実験ダメダメ君を演じたO君、直前のご指導にフレキシブルに対応したMさん、子どもたちの発言への対応がスムーズだったK君、体育館で実験をしたU君、6人6様の授業を見せてくれました。

もちろん、どの学生も「素晴らしい授業」をしたわけではありません。
それぞれ、いろいろなことを「やらかして」くれましたわーい(嬉しい顔)
でも、これからまだまだ、荒削りの、がんばった授業を見せてくれました。

さて、大学に戻ってからが「はじまり」です。
これから教員になるにせよ、違う道を歩むにせよ、社会に出るまで1年半もあります。
それまでに、この実習から得た貴重な体験をどのように身につけ、子どもたちの笑顔に答えていくかが、教育実習の本当の成果なのかもしれません。

教育学部の授業は4日(木)から。
つかの間の「夏休み」かもしれませんが、十分休養し、充電してくださいひらめき
一回り大きく、そして運動会の練習などで日焼けして、たくましくなった学生に会えるのを楽しみにしていますわーい(嬉しい顔)

posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

学内FD研修会で、大学の授業分析!

年に1回行われる学内FD研修会。
今年はS委員長じきじきのご指名で、大学の授業を分析することになりましたあせあせ(飛び散る汗)

同じ教育学部のS先生の授業と、健康科学部のK先生。
1 授業を、前から学生の様子、後ろから教員の様子をビデオ撮り映画
2 教員にインタビュー
3 学生にインタビュー
の3本立てで行いました。

時間の都合上、プロトコルをおこすところまではいかなかったのですが、お二方の授業には共通した点があることに気付いたり、予想外の教員の意図や学生の気持など私自身大変勉強になりました。

そして、いわゆる講義的なFDではなく、
「授業ビデオをみてグループワーク→気付いたことを発表→当方なりの視点→ご本人からの補足」という一連の流れで、手前みそながら楽しく講師をさせていただきましたぴかぴか(新しい)

今後は、ぜひ学生ともこうしたFD・SDの機会を作りたいな…と思っています。

posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

大阪歴史博物館で学外実習!(10分前行動って素晴らしい)

120906_1322~01-2.jpg

昨日に引き続き、天理大学での非常勤集中講義。
但し、天理大学ではなく、@大阪歴史博物館exclamation
学生50名を、昨日のうちに専攻や学年をばらした3〜4名のグループに分けたのですが、それぞれグループで役割分担やお昼の約束などをしていたようです。

11時の集合だったのですが、10時過ぎに学生がぽつぽつ現れ、10:45にはほぼそろっていたようで、他の方のご迷惑になるからと、グループで集まっているところから、入ってもらうことにわーい(嬉しい顔)
昨日も思ったのですが、人の話を聞いたり、集団行動をしたりすることに慣れているんでしょうね。

120906_1232~01-2.jpg


歴史や民俗学の専攻の学生が多く、興味深げに写真を撮ったり、メモしたり、ボランティアの方にお話しを聞いたりしていました。
私も下見に続いて2回目でしたが、学生がどんなところに興味を持っているのかがおもしろく、一緒にうろうろしたり、twitter中継したりしていましたグッド(上向き矢印)

さて、今日収集した情報から、どのような情報発信をしてくれるのか楽しみでするんるん

posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

奈良養護学校の先生方が作成したディジタルコンテンツの発表会をおこないました

 8月6日に10人の先生方が畿央大学に来られ、ディジタルコンテンツ制作の研修を行いました。その後、各先生方が夏休みの間にこつこつ作られ、27日(月)に奈良養護学校内で発表会を行いました。8月6日の時点では、まだまだ音が入っていなかったり、絵コンテはできているものの時間不足で未完成だったりしたコンテンツが、27日(月)にはかなりできあがっており、奈良養護学校の先生方全員の前でご披露いただきました。

DSCN3233-2.jpg  DSCN3231-2.jpg


 質疑応答では、一番苦労したところ、思っていたよりスムーズにできたところのみならず、ディジタルコンテンツならではのところ、反対にディジタルコンテンツではなく従来の紙媒体のほうがよいと思うところ、など、日頃児童・生徒に接しておられる先生方ならではのご意見がでました。

 現段階では、コンピュータに改造マウスをつなぎ、児童・生徒がボタンを押すことで次の画面に進むディジタルコンテンツですが、将来的にはタブレットPCで使うことや、アイマークカメラを用い、視線でポインタを動かすことも検討中です。

posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

奈良県放送教育研究協議会と教員免許更新講習

体が二つ欲しいと切実に願うこの日。
教員免許更新講習の講師も早くから決まっていたのと、一昨年度講師をさせていただいた奈良県放送教育研究協議会で、共同研究をさせていただいている奈良県立奈良養護学校の先生がご発表をされると聞いては…あせあせ(飛び散る汗)

…というわけで、開始から1時間だけは奈良県放送教育研究協議会に参加させていただき、発表も途中で中座して申し訳ありません。
その後、免許更新講習へGO!ダッシュ(走り出すさま)

120820_1520~02-2.jpg…とはいえ、電子黒板のデモンストレーションは、「電子黒板祭」でおなじみの3回生小松知美さんと横峯愛奈さんに任せているので安心わーい(嬉しい顔)

つつがなく講習はおわり、たまたま大学に来ていたゼミ生とその友人たちに、ケーキのテイクアウトと引き換えに片付けを手伝ってもらって、ALL CLEAR!
本当に学生が助けてくれる今日この頃です。

ちなみに手伝ってくれた学生二人とは、大学近くの美味しいケーキ屋さんで打ち上げしました手(チョキ)
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。