2011年10月03日

ソーシャルメディアで出会ったけれども、世の中狭い!

今日から始まった後期の非常勤OK大学。

お昼休みはものすごーーーーーーく楽しみにしていることがあったのです。
それはtwitterでお知り合いになったOK大学の学生Oさんとお話しすることぴかぴか(新しい)

プロフィールにOK大学と書いてあったので、ついつい後期は非常勤に行くよーなどとつぶやいたら、わざわざご挨拶に来ていただき、恐縮至極です。

先にオンラインで知り合い、その後オフラインで…というのは、パソコン通信を始めた20年前からあったことだけれども、やはりドキドキ。
場所をつぶやきながら、ご対面目

大学のこと、教員採用試験のこと、twitterのことなど、「初対面」とは思えない雰囲気でお話しさせていただきました。

しかし、世間は狭い!

弊ゼミ1期生H君とリアルな知り合いだそうで、下宿に行ったこともあるそうグッド(上向き矢印)
地域的にも近いし、将来の目標も近いけれども、最初がtwitterだっただけにびっくり。

実は後日談で、私と会ったことを、Oさんがmixi日記に書いてくれているらしく、それを読んだ、今度は古巣O大学の学生さんが「Oさんと知り合いなんですって?」と声をかけてくれて、今度はこっちがびっくり。

いや、ほんと世間は狭い!!
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

日本情報科教育学会第4回全国大会まであと2週間!

合成イメージ.jpg


3月にお引き受けすることを自分の中で決意し、はや6か月。
まだまだ東日本大震災の爪痕は残っているようですが、力強く復興も始まっています。
少しでも自分のできることをしようと、お引き受けしたのが、日本情報科教育学会第4回全国大会

近畿・北陸支部の皆様を中心に、校務お忙しい中お手伝いいただき、ありがとうございました。
また、多くの企業の方に、展示・広告という形でご協力いただき、ありがとうございました。
おかげさまで円滑に運営を進めることができています。

昨日9月末日をもって、いったん事前申し込みを締め切らせていただきました。
実行委員会の目標(100名)を超える111名の方からお申込みいただきました。
もちろん、当日受付もいたしますので、まだの方は直接会場受付にお越しください。

さて、これから準備も山場。
論文集の版下と校正、企業展示の電源確保、備品の確認、学生の割り振りなどなど。
なお、会場のあちこちに貼られる掲示物には無理を言って、知り合いのYさんに書いていただきましたぴかぴか(新しい)
もちろん、大きなフォントで印刷すればよいのですが、こういうときだからこそ「直筆」の力って感じるんですよね。
会場にお越しいただける方はぜひご覧ください目

写真は講演、パネルディスカッションを行うホールに吊る看板の見本。
この看板、発注するとものすごく高いのですが、今回は奈良ビジターズビューローさんにご支援いただきました。ありがとうございました。

なーんか、忘れていることがありそうな気がするのですが、日々準備を進めています。
twitterをされている方は@jaeis4が実行委員会のアカウント、 #jaeis4 がハッシュタグですので、フォローいただければ幸いです。

では、当日、お待ちしておりますsoon
posted by にしばた at 23:00| 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

フラッシュで「動物あてゲーム」作成

IMG_0076-2.jpg
先月、電子黒板の講習会を4回しましたが、そのなかで特別支援学校にお勤めの先生から相談を受けていました。
「タッチパネルの電子黒板で、動物の絵を2枚触ったら鳴き声が出るような教材ってないですかね〜」と。

…というわけで、早速集中講義の後半を利用して、4回生K君(写真左)が制作ぴかぴか(新しい)神経衰弱を少し変形して、楽しみながら作っていました。

私:こういう教材誰でも作れるわけじゃないよね。じゃあ、どうしたらいいと思う?
学生:誰でもが作れるようにするソフトウェアを作ればいいひらめき
私:そう、で、そういうのをオーサリングソフトといって、CAIの時代から…

…と4回生への最後の「講義」でした。

今回は時間の関係上、フリー素材から動物の絵をもってきましたが、たとえば先生やクラスメートの顔をデジカメで撮影しカメラ、その画像と名前の音声ファイルを選ぶと、VOCA(Voice Output Communication Aids)も簡単に作れるでしょう。
おそらくそういう使い方はもうされていると思うのですが…。

高校「情報」の免許も持って小学校に勤めるということは、教育の情報化を担うことのできる教員になれるはずです。
そのときに、自分だけができるのではなく、誰でもできるように環境を整える、そういう目線を常に持っていてほしいと思います。
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

クリケットワークショップ

IMG_0064-2.jpg

今日から4日間『マルチメディア教材の研究2』の集中講義。
免許にかかわる科目ということもあり、さまざまな経緯から毎年この授業だけは集中講義なのでするんるんとはいえ、受講人数は少なく、一昨年はこんな感じ。昨年は開講せず。

そして今年はせっかくの集中講義なので「そうだexclamation外に行こうダッシュ(走り出すさま)」と、普段は行けないところにいくことにしました。

午前中は国立民族学博物館に行って、ビデオテーク、電子ガイド、ICタグなどをつかった展示方法を実地見学。
全員小学校免許取得予定者だけあって、もし小学生に見せるなら〜という観点からも俯瞰的に見ました。

午後は、大阪大学人間科学部教育工学講座の森秀樹助教に「クリケットワークショップ」を開いていただきました。
貴重な時間、本当にありがとうございます。

さて、クリケットワークショップとは
米国マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボで研究開発された乾電池式の小型コンピュータ「クリケット」を使って動くおもちゃをつくるワークショップです。

by Children's Art Museam and Park supported by CSK

森先生(当時はCSKホールディングスに所属されておられました)に10年ほど前にCAMP大川センターでこのクリケットワークショップを見学させていただいて以来、いつかはこういうところに学生と来たいグッド(上向き矢印)と思い続けていたのでした。

子どものようなきらきらぴかぴか(新しい)した目で、レゴブロックでおもちゃを作り、プログラムで動かして…。
予定の時間を少々オーバーして作らせていただき、ありがとうございます。

また、世界中の子どもたちが学ぶことのできるツールとして、OLPCの100ドルパソコンの実機も見せていただき、こちらも興味深々だったようです目

教員免許を2種類とる都合上、通常の授業期間に「半日」あけるのは大変むずかしく、空いたとしても学校でのボランティアやインターンシップが優先されます。
もちろん、これらの活動が大切であることはよくわかっていますが、たまには、夏休み期間中ぐらい、こうして、大学以外のところで学ぶという大切さ、ありがたさをわかってもらえたら…と改めて思いました。
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

教育システム情報学会全国大会in広島市立大学

毎年学会に出ていると、本当に1年たつのは早い。
そして、1年の間に研究を進めるのは大変なことだと実感する。

昨年の北海道大会あたりから、twitterで実況中継が行われたり、ソーシャルメディアの教育利用的な発表もあったりしましたが、今回はソーシャルメディアでセッションが組めるほど、でした。

私も「Ustreamで模擬授業」ネタで発表しました。
あいにくソーシャルメディア枠ではなく、高等教育枠になりましたが…。

しかし、いろいろなアイディアや、ソフトウェアの紹介などもいただき、後期に向けてガンバローグッド(上向き矢印)と、気持ちも新たに。

今回は、母の実家もある広島でしたし、最終日が金曜日だったので、もう1泊して…などと考えていたのですが、え?台風台風??ということで、さっさと最終日に帰ることにしました。
遠隔地からこられた方は大変だったみたいで、東京まで新幹線新幹線で、そこから飛行機飛行機というかたもいらっしゃったようです。

さて、来年は千葉工業大学。
ここもお邪魔したことないなー。

そうこう言っているうちにまた来年の夏がやってくるので、後期のうちに発表できる実践をやらなくてはダッシュ(走り出すさま)
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

ソーシャルメディアのありがたさ

試験の日程を見て、しまった…がく〜(落胆した顔)と思った時は遅かった。

試験最終日の最後の時限にある、免許必修の科目。受講生160名程度。
いつもは2回にわけて授業をしているのですが、テストは2パターンつくるのはしんどいので、一斉に大講義室で。
そして、必修なので「一度で落とすのはアレかな」と、「再試験あり」と設定したら…

そう、再試験の発表をするためには、できるだけ早く採点をしなければ…もうやだ〜(悲しい顔)

…というわけで、試験終了後、採点にとりくんだものの、いろいろ対応があったりして、なかなかはかどらず。
ペースに乗りだしたのは、学生や職員さんが帰った18時ごろから。

でも、おなかはすくわ、昨日は昨日で電子黒板のセッティングが遅くまでかかったし…と超お疲れモード。

で、twitterでつぶやいていると、その試験を受けた学生から、励ましのつぶやきが返ってくるわーい(嬉しい顔)

いやー、本当に励まされましたぴかぴか(新しい)

「先生も大変なんですね」
うん、それがわかってもらえた、ということが本当にうれしい限りです。

採点中なので、リアルに学生がいたら困るけれども、こうしてオンラインでつながることができたのも、ソーシャルメディアのおかげだなーと思いました。
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

2学年合同の教育実習報告会

IMG_1258-2.jpg
小学校の教育実習は1学年120名ぐらい行くのに対し、高校「情報」の教育実習は一桁…もうやだ〜(悲しい顔)
とはいえ、学生が少ないからこそ、2学年合同で実習報告会ができるのですぴかぴか(新しい)

高校の紹介、研究授業の内容、実習中に困ったこと、後輩に伝えたいことなどを簡単にプレゼンし、後輩からの質問に答えるこの時間。
前半は写真のようにオフィシャルに、後半は茶話会喫茶店形式で、ちょっとしたお茶やお菓子をつまみながら…

毎年やっているけれども、毎年のように「1年って早いよねー」ダッシュ(走り出すさま)

とはいえ、来年でこの形も終わりになります。
再来年は後輩のいない実習報告会でTHE end
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

全国大会まであと3カ月!

気軽に引き受けたわけではありませんが、やってみるとなかなか大変なことがたくさんあり、いままでの学会でもどなたかがこういうことをお引き受けされていたんだなーと改めて思う次第。

何度もこのサイトで告知させていただいていますが、
10月15日(土)〜16日(日)は、日本情報科教育学会第4回全国大会を開催いたします。
詳しくはこちらをごらんください。

今は、広報活動、企業さんへの展示・広告依頼、教育委員会や各種団体への後援依頼などをおこなっています。

ぼちぼち参加申し込みや発表申し込みがあつまりつつあります。
一定の期間で区切って、今度は原稿集め→論文集の作成、というところでしょうか。

実行委員の皆様には本当にいろいろ助けていただいて、ありがたい限りです。
あっというまにあと3カ月になりました。
きっと、あっという間に2カ月…1か月…あれ?来週やん!とか言っているんでしょうねふらふら

体調を崩してご迷惑をかけないよう、それだけは気をつけようと思っている次第です。

どうぞみなさま、ご参加ご発表のほど、お待ちしております。
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

大学が公式twitterをはじめました

大学にはいろいろな仕事があります。
ちなみに、今年の役割は、担任、教務、教育実習(情報)、教職支援センター、研究倫理、共通教育そして、広報。

広報は、情報系と親和性が高いのか、もともと好きだからなのか、非常にやりがいがある、というか、いろいろ考えていて楽しいお仕事の一つです。
楽しくない仕事もあるんですか?とかはつっこまないで下さいね。

さて、昨年度あたりから、「大学もtwitterしましょうよ〜」と言っていたのですが、ようやくGOとなりました決定
まだまだ、大学サイト内の記事を紹介するだけですが、最初の一歩は大きな一歩足
そのうち、いろいろな人との交流の場になればなグッド(上向き矢印)と思っています。

このブログでは、改めて勤務先の大学の名前を出していませんので、また是非お探しいただき、そしてフォロー頂ければ幸いです。
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

日本情報科教育学会第4回全国大会開催にむけて

本来であれば、水戸空港飛行機を利用し、水戸の地で美味しいものを食べている、いや、情報科教育学会に参加しているはずだった。
実は、宿泊するホテルも決めていたし、水戸空港を利用したいがために、前日に神戸空港の近くに宿泊することまで考えていたのに…。

3月の大震災で、茨城大学もそして懇親会場となるはずだったホテルも被害を受け、やむなく茨城大学での開催を見送ることになりました。実行委員長のH先生からのご報告からは、地元の沈痛な思いを抑えたものでありながらも、涙を押さえることはできませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

さて、そんななか、規模を縮小して、近畿・北陸支部のご支援をうけられるならば…と、この第4回大会を引き継ぎさせて頂きました。近畿・北陸支部の先生方、地元奈良の情報教諭の先生、そして弊学関係者総勢21名の実行委員会を立ち上げ、委員長を務めさせて頂くこととなりました。

今まで全国大会事務局のお手伝いや、研究会レベルのLAはさせていただきましたが、全国大会の実行委員長は初めてです。まだまだ実感がないのですが、大会まで4ヶ月弱。どうぞよろしくお願い致します。

今日は、大会企画委員会・第1回実行委員会・理事評議員会と会議3本立てて、全国大会に向けてスタートを切りましたダッシュ(走り出すさま)


茨城大学は耐震工事を終えたばかりで、壊滅的な被害および教職員の人的被害は免れたそうです。また、懇親会場になるはずだったホテルも、レストランはすでに開業中、宿泊も8月から再開されるようです。
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

実習訪問3人目

今日も朝から奈良県下の高校へ。
時間割変更までしてくださって、当方の授業のない時に研究授業を入れてくださってありがたい限りもうやだ〜(悲しい顔)

学生が教育実習中でどのように勉強させて頂いたか、その集大成が研究授業なので、やはり見せて頂きたいですし、担当の先生方からどのようにご指導いただいたもうかがい知ることのできる貴重な機会ですし。

マイホワイトボードペンは用意していたようで、そこはクリアぴかぴか(新しい)
ただ、「板書」にこだわりすぎて、もう少しいろいろ掲示物を用意してもよかったんじゃないかな。何度も同じような図を書いたり、手であいまいに指し示したりしていたようだし…ふらふら

ま、こういうことがいえるのも、岡目八目じゃないけれども、傍から見ているからこそなんでしょう。当の本人は、日頃、緊張するようなタイプではないのに、やはりあがってしまったようです…あせあせ(飛び散る汗)

とはいえ、あともう少し時間があれば掲示物を作ることを思いついただろうし、その掲示物を作る時間もあっただろうに…。知らない、作ったことがない訳じゃないんだから。


しかし、この「あともう一歩」というのはどうやったら養うことができるんだろう。

今回の実習生のことではなく、一般的にこの「あともう一歩」が足りない学生が多いような気がします。もうちょっとこうしたらものすごくよくなるのに、とか、もうちょっとこうしたらとても楽なのに…などなど。

私たちが日頃手を差しのばし過ぎなのか、それとも、そういうことに気づいてしまう歳になってしまったからなのか…バッド(下向き矢印)

どちらにしても、いろいろ考えさせられた実習訪問でした。
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

教育実習訪問2校目

高校の教育実習は6月が多く、しかしながら6月はこちらも授業があり、なかなか時間調整が難しいのです。
今年度は幸いにして、月火水金の午前中はあいている(=夕方以降の授業が多い)ので、出かけやすいですが…わーい(嬉しい顔)

というわけで、教育実習訪問2校目。
アナログとディジタルのところで、時計時計を持参して、なかなかの滑り出し。
ちゃんとアナログ時計の秒針も「カチ!カチ!」ではなく「ヒューン」となめらかに動くタイプを用意したのはGoodJobぴかぴか(新しい)
コース制の高校で、1クラスの人数が少ないのにも助けられ、机間指導も順調でした。

後半、時間がなくなって、あわてたのか、いろいろと忘れたり、詰めがあまかったりしたのが残念もうやだ〜(悲しい顔)
そういうときでもあわてず何とかできるように、もう少し用意周到だったらよかったね。
少なくとも、コンピュータ教室はホワイトボードが多く、かつ、ホワイトボード用のペンは、チョークと違って、すぐかすれるんだから、【マイホワイトボードペン】を持っておくぐらいの心掛けはほしいところ。

この教訓を生かして、次に臨んでください。
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

今年度最初の教育実習訪問

今年もやってきました、教育実習訪問。
早めに行って、少し様子を見て、時間を調整して行くことにもだいぶん慣れました。
実は、初年度はわからなくて、下見目に行ったり、2時間も前について、トイレに困ったり…といろいろな経験をしながら今に至ります。

さて、今日の研究授業は「メディア」
私の専門分野の一つでもあり、なかなかコチラもキビシイ目で見ておりました。

いろいろな事例(伝書鳩、標識、ビーカーなどなど)を出しながら、一生懸命説明していましたが、うん、正直少し教材研究が足りなかったね。
思いつきはよかったのにバッド(下向き矢印)

学校でのいろいろな事情や状況はあるのかもしれないけれども、もう少し詰めてみるとがく〜(落胆した顔)というところに気が付いたのかもしれません。

ま、結果論だけどね。

研究授業が「最後の授業」ということだったので、生徒の前で行う機会はもうありませんが、是非、友達の前でもよいので、もう一度同じ事をやってみてください。
きっと、さらなる力になるでしょうぴかぴか(新しい)
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

eポートフォリオシステムを導入してみました

昨年度から頂戴している科研の一環で、奈良を中心とした情報関係のコミュニティを作ろうと、右往左往、東奔西走していますダッシュ(走り出すさま)

この「情報関係」とは、高校教科「情報」に限らず、中学校の「情報とコンピュータ」、小学校〜高等学校の「総合的な学習の時間」、そしてもちろん各教科、道徳の時間など…

あれ?全部やん??

…というわけで、とくにまだ限定するつもりはないのですが、「情報」について気軽に話せる場所があったらなー。それも学生も入れるような。
そんなつもりで考え出し、今日の「情報科指導法」の時間で、まず学生から少しずつはじめることにしました。

形としてはeポートフォリオですが、学生の作った指導案や教材、将来的には模擬授業の映像などもそこに入れ込み、メンバーはだれでもコメントできるような仕組みを用意しています。
もちろん、携帯電話携帯電話からもOK!

この手のシステムは結構いろいろな種類があるとは思いますが、今回はASAHIネットさんのmanaba-folioにしてみました。

奈良に限らず、少しずつ手を広げるつもりですので、ご興味おありの方はご一報下さいわーい(嬉しい顔)
コミュニティを作っていく中で、アイディアが湧いてきたり、アイディアが実現に向けて動き出したりすることを祈りつつ。
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

広告と説明書を読みくらべよう〜国語と情報

弊学に来てよかったなーと思うことの一つが、各教科の先生との距離が近いこと。
この点は、前の前の勤務先だった高等専門学校と似ているな〜と思っています。

さて、今日は国語のT先生とのお茶タイム喫茶店に出た雑談から。

小学校4年生国語には、「広告と説明書を読みくらべよう」という単元があり、体温計の広告と取扱説明書を見比べて、「実生活に関連したさまざまなテキストを比べて読み,意図や目的に応じた述べ方の工夫を読み取」ることを目的としているようです。

教科書会社のパンフレットにも特徴としてあげられていますので、ご覧下さい。
東京書籍「平成23年度用 新しい国語 Q&A」

小学校では見比べるだけだけど、大学生ではこれを作らせたいよね。
あ、私、「教育工学」って授業でPOP作らせたときは、100均で1人一つ買わせましたよー。
でも、200人いるのよ〜。
じゃ、家から持って来させれば?
持ってこれるもの。体温計とか時計とか?iPodとか?
あ、家電やコンピュータ系はWebに取扱説明書があるからないほうがいいかも。
文具でもいいかな?

なんてやりとりがしばらくあり、楽しい時間でしたわーい(嬉しい顔)

本当は1年生の情報処理演習とタッグを組んで…というのがいいのかもしれませんが、情報処理は学内で担当者が何人かいる&非常勤の先生もいらっしゃるので、足並みをそろえるのは難しいかな…ふらふら

そんなことをやりとりしながら、20年ほど前高等専門学校に着任してすぐ、社会科や理科、英語科の各先生方との共同研究を思い出していました目
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

電子黒板学内説明会

IMG_1061-2.JPG

必要ですexclamationと言い続けて3年。
ようやく特別予算で購入することができた、ディスプレイ一体型電子黒板ぴかぴか(新しい)

これから数年後には技術も進み、もっと簡便になっているだろうけれども、今、学生を育てなければその数年後に使える教員にはならないのだから。

…というわけで、オープン教室に設置と相成りました。

先日見学した大阪市立堀江小学校のように、今、いろいろな小学校に電子黒板があり、活用方法が模索されています。
大阪市立堀江小学校&内田洋行のショールーム見学については、大学のサイトにも掲載されています。

今回は、まずは学内説明会。学生共々いろいろ使い倒した2時間弱でしたわーい(嬉しい顔)
正直、今までこういう情報化に縁があんまりなかったであろう先生方にも来て頂いたのが一番嬉しいですわーい(嬉しい顔)
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

信頼できる情報源から情報を得ること〜sinsai.info

110429_1507~0001.jpg祝日だけど、大プ会拾五に参加。

会場の今宮高校で、来年弊学の学生が教育実習でお世話になる予定なので、実習訪問の下見も兼ねさせていただきましたわーい(嬉しい顔)

いやー、広い学校だ。それに、書道部が頑張っている様子。
廊下のあちこちに大判の作品が展示されていました目

写真はコンピュータルームの中の「博物館」
いいねー、弊学でもできそうだな。私はもちろん、F先生、Y先生、K先生など古くからコンピュータを使われてきた先生も多そうだし…ひらめき


さて、今回はお二方の先生からのご発表。
詳細は省きますが、ネットやニュースで流されている情報と、こうして信頼できる情報源(と言っては失礼ですが)から得られる情報と違うんだなーというのが、正直な感想。

もちろん、自分自身で体験できることは限られているのだから、二次情報に頼らなければならないことも多い。そのときに、どこからどうやって得た情報を正しいとするのか。
日常生活でもデマや流言飛語に惑わされることも多く、改めて「情報」とはなんぞや、を考えさせられた次第。

特に、今回の東日本大震災で、ソーシャルメディアが活用された一方、正しくない情報やすでに収束した情報も出回ってしまったのも残念ながら事実。
そのなかで、「sinsai.info」が、その情報の信頼性をあげようとしてたちあがり、今も活用されているという話が非常に印象深かった。

どのタイミングでどのように話すかまだ私の中で咀嚼中だが、ぜひ、「ネットワークコミュニケーション」の時間にでも、学生といろいろ話をし、一緒に考えようわーい(嬉しい顔)
posted by にしばた at 23:00| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

実習前の最後の模擬授業

IMG_1024-2.jpg

高校の教育実習は6月に行くことが多いので、4回生は現在教育実習事前指導の真っただ中。
「情報」の実習は人数も少ないので、実習前に最後の模擬授業をする。

情報科指導法T、Uにひきつづいで3度目なので、まぁ、それほど多くはないかな…バッド(下向き矢印)
けれども、多くの学生が3回生の時に小学校実習に行っているので、授業をする度胸や、声の大きさや身ぶり手ぶりなど最低限のスキルは身についている。

…というわけで、今日の授業は…板書を見ておわかりになるでしょうか?

一部、媒体なども用意したようですが、本人も反省会で言っていた通り、もう少し導入にはいろいろ工夫できたかもしれませんねふらふら

ま、それは、実際に実習先の先生からいろいろ伺ってください。
写真のYさんは5月16日からの2週間。
私が実習指導に行く予定なので、それだけ成長するか、楽しみだな〜グッド(上向き矢印)
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

日本情報科教育学会第4回全国大会をお引き受けしました

東日本大震災から考えていたこと。
それは、自分は何ができるだろうか、ということ。
実は3月22日付けのニッキにも、それらしいことを書いているが、このごろから考え始めていた。

6月下旬の日本情報科教育学会が行われる予定だった茨城県も被災地であること。
余震が茨城県でも続いていること。
さらに、農業や漁業を中心に、風評被害までも…。

茨城大学の実行委員長だったH先生は、それはそれは昔からお世話になっていました。
今も、科研の研究分担者としてさまざまご指導頂いています。
そのH先生から、やはり悲痛なご連絡が…

そして、各所いろいろ相談し、「でも、第4回大会は中止にはしたくない」というお声も頂き、急遽、弊学での代替開催を申し出ました。

但し、
・土曜日は授業があるので、1.5日とすること、
・近くにホテルはないので、学食での懇親会になること、
・近畿・北陸支部のバックアップをいただくこと
の条件を提示致しました。

役員会でも審議が行われ、条件を認めてくださり、以下の日程で代替開催させて頂くこととなりました。

10月15日(土)午後〜16日(日)

本来であれば1年近くかける準備を半年でやってしまいますので、いろいろ抜けていたり、配慮がたりなかったりすることもあろうかと思いますが、皆様のご助力で、できることをやっていきたいと思っております。

どうぞよろしくお願いします。


広報および当日の情報共有のため、twitterを有効活用していきたいと思います。
ハッシュタグは、#jaeis4 にしました。
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

大学公式twitterアカウントを作りませんか?

今日は、とある学内会議で、大学公式のtwitterアカウントを作ってみてはいかがでしょう?と発言してみました。
対高校生というのもありますが、世間に大学の名前を広く知って頂く一つのツールには十分なりえると思います。

昨年度、高校生対象に模擬授業をするときに、「twitterを使っている人〜?」と挙手して貰いましたが、40人に1〜2名程度。挙手しない人もいると見込むと、もう少しいるかもしれません。

また、昨年の調査ですが、富士通総研によると、
「若年層はTwitterをリアルタイムのコミュニケーションツールとして積極的に活用」しているとのことです。詳しくはコチラをご覧下さい。
Twitter(ツイッター)利用状況調査

大学側からすると、誰が何を返信するのかというのは非常に大きな問題かもしれませんが、それは電話でも同じでしょう。

他大学もどんどん活用していますし、弊学でも少しずつ始めたいな、と思います。
身近な発信内容としては、オープンキャンパスの案内、ブログの更新案内などがあるでしょう。
どんどん気軽に発信していけばよいな…グッド(上向き矢印)

来年度も広報委員のようですので、もう少しプッシュしていきたいと思います。
そうそう、どこかに大学公式twitterアカウントのリストとかないかしら?
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。