2012年11月02日

滋賀大学附属中学校の教育研究発表協議会に、学生とともに…

私自身も学生の時に、教授や先輩方にあちこちの学校の公開研究会に連れて行っていただきました。
たくさんの授業を見て、分科会で話を聞いて、そして美味しいものをたべて…わーい(嬉しい顔)
その繰り返しが、今の私の基礎になっていると常々思っているわけで。

今回、うん十年前にその教授や先輩方と行った滋賀大学付属中学校の教育研究発表協議会の案内をいただき、またそれが情報関連と聞いたので、少々無理をしながらですが、学生と出かけてきましたわーい(嬉しい顔)

とはいえ、私自身もそうそう授業を休めず、学生も休むと「欠席」になってしまうので、午前中の公開授業を2本のみでした…もうやだ〜(悲しい顔)

現在、中学校の情報教育は「技術・家庭科」の一領域として行われていますが、独立教科として考えた場合の公開授業でしたひらめき
教科書の試作もカリキュラム案もあり、高校「情報」の免許を取る学生にとても大変勉強になったようですexclamation

あ、美味しいものですか?
食べてきましたよわーい(嬉しい顔)
お、う、み、ぎゅ、う〜レストラン

20121102.JPG


posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/302479225

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。