2012年08月27日

奈良養護学校の先生方が作成したディジタルコンテンツの発表会をおこないました

 8月6日に10人の先生方が畿央大学に来られ、ディジタルコンテンツ制作の研修を行いました。その後、各先生方が夏休みの間にこつこつ作られ、27日(月)に奈良養護学校内で発表会を行いました。8月6日の時点では、まだまだ音が入っていなかったり、絵コンテはできているものの時間不足で未完成だったりしたコンテンツが、27日(月)にはかなりできあがっており、奈良養護学校の先生方全員の前でご披露いただきました。

DSCN3233-2.jpg  DSCN3231-2.jpg


 質疑応答では、一番苦労したところ、思っていたよりスムーズにできたところのみならず、ディジタルコンテンツならではのところ、反対にディジタルコンテンツではなく従来の紙媒体のほうがよいと思うところ、など、日頃児童・生徒に接しておられる先生方ならではのご意見がでました。

 現段階では、コンピュータに改造マウスをつなぎ、児童・生徒がボタンを押すことで次の画面に進むディジタルコンテンツですが、将来的にはタブレットPCで使うことや、アイマークカメラを用い、視線でポインタを動かすことも検討中です。

posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育理論・方法系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。