2011年10月16日

日本情報科教育学会第4回全国大会終了しました(第2報)

日本情報科教育学会第4回全国大会が終了しました。

二日目は打って変わって秋晴れのもと、最終的に実人数187人の方にご来場いただきました。
14社の企業様には展示・広告・寄付をいただきました。ありがとうございました。

株式会社朝日ネット,アライドテレシス株式会社,株式会社内田洋行,開隆堂出版株式会社,株式会社国際環境海商,株式会社CNK,実教出版株式会社,株式会社ナリカ,株式会社日経BP,日本アイビルソフト株式会社,日本データパシフィック株式会社,日本文教出版株式会社,株式会社BITS PUZZLE,株式会社ワークアカデミー(敬称略・50音順)


さて、二日目は午前中に分科会。
午後からは総会、会場校から畿央大学白石教育学部長より挨拶。
引き続いて、岡本会長による基調講演。テーマは「民主主義的国力の涵養と情報科教育−−新たな学力の創造−−」
そして、文部科学省生涯学習政策局文部科学省新井孝雄参事官による招待講演。テーマは「教育の情報化に対する文部科学省の施策」

企業展示もこのとおり大盛況グッド(上向き矢印)
電源やセッティングが大変で、少し手狭でしたが、受付から会場にいたる経路ということで、立地は抜群だったと思います(自画自賛)。
jaeis4-3.jpg


最後はパネルセッション「情報科教育における教育の情報化」
DSCN4935-2.jpg

こちらも情報科のが大切なんだと質疑応答ももりあがり、15分押しでバスバスの時刻をみて解散あせあせ(飛び散る汗)

111016_2026-2.jpg閉会式では挨拶をさせていただこうと思っていたのですがあいにくできず、残念に思っていたら、なんとサプライズで花束かわいいを頂戴し、思わずうれし涙たらーっ(汗)
ご配慮いただいた実行委員の皆様方ありがとうございました。
また、公の場で学生たちの労をねぎらうことができたことは本当によかったです。



これから収支をまとめ、後片付けを行い、後援・協賛いただいた団体の皆様への報告業務を行います。

実行委員の皆様方には本当にお世話になりました。
さまざま手薄なところにフォローに入っていただき、また、文字通り走り回って準備していただき、感謝しています。

学生および卒業生諸君にも助けられました。
ありがたいことに、「学生たちがよくがんばっていた」というおほめの言葉をたくさん頂戴しています。
この経験がのちにはきっと役に立つと思います。私自身もそうして学んできました。

最後になりましたが、ご参加の皆様方にも感謝申し上げます。
どうぞ学会の感想などをコメントにておよせください。

なお、来年は6月中旬に信州大学にて開催されます。
また、信州でお会いしましょういい気分(温泉)
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。