2010年12月25日

化けるとき

クリスマスは事業仕分けでなくなったので、個別の卒業論文指導。
残り20日を切ると、さすがに10,000字ぐらいは書けてないとね…

さて、今日指導した学生。
希望する材料は与えているにもかかわらず、なかなか筆がすすまなかったのだが、今回は大きくグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

教材分析に見通しがついたからだろう。ほんの少し、ほんの少しではあるけれども、オリジナルの結論がでていたので、私もとっても嬉しかった。

学生が最初に思っていた結論とは違うかもしれないが、それはそれでよいのだ。
きちんと調べ、分析した結果がものを言うのだから。

しかし、何がきっかけなんだろう?やっぱり「背水の陣」なのかな?
落ち着いたらゆっくり聞いてみようひらめき
posted by にしばた at 23:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。